リバティBLOG
weblog

猫風邪

はじめまして、4月から当院でお世話になっております、獣医師の稲村遥と申します。宮城県出身で、現在は2匹の猫と暮らしています。どうぞよろしくお願い致します。

さて、最近は大気の不安定な日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目と言われる3月から5月にかけては寒暖差が大きく、私たち人間だけでなく、動物たちも体調を崩しやすい季節となります。

そこで、この季節に注意が必要な猫風邪についてお話ししたいと思います。

猫風邪は、私たち人間が風邪をひいた時のように、鼻水、くしゃみ、目やになどの症状が出ることが一般的です。しかし、仔猫や免疫の低下している猫ちゃんは重篤な症状を呈する可能性もあります。症状が出始めたら、早めに受診することをおすすめします。

猫風邪を引き起こす原因としてはヘルペスウイルスやカリシウイルスの他、細菌やクラミジアなどが挙げられます。治療はインターフェロンや抗生剤の内服、点眼によって症状を改善させるのが一般的です。

予防法としては、日頃から栄養を十分に摂らせたり、ストレスを軽減させて免疫を高めておくのはもちろんのこと、定期的に混合ワクチンを接種することで、感染や重症化を防げる場合があります。

当院では4月から5月の期間限定で、比較的短い待ち時間でご案内できる予防専用特別枠を設けておりますので、ワクチン接種をご希望の方はお電話でご予約ください。

 

最後に私の猫ちゃんたちを紹介させて頂きます。ごまとハルです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました🐈

ワクチンの副反応について

皆さんこんにちは。
4月からリバティ神戸動物病院でお世話になっております。獣医師の青木と申します。

よろしくお願いします。

4月はフィラリアや狂犬病など予防の時期で、前回のブログでも狂犬病についてのお話がありました。
今回はそのワクチンの副反応についてお話しようと思います。

わんちゃんやねこちゃんに限らず、人でもワクチン接種後は副反応が出ることが知られています。
その副反応の程度は個体差があり、全く副反応が見られない子もいれば、重篤な副反応が出る子もいます。
重篤な反応が出る子のほとんどは1時間以内、重篤な子ほど早く、数分で反応が見られることもあります。
重篤な反応というのは、アナフィラキシーショックのことで、症状としては、虚脱(ぐったりする)、嘔吐などが見られます。
もし、ワクチン接種直後にそういった反応が見られたら、すぐに病院にお伝えください。早急な対応が必要で、対応が遅れると命の危険があります。

狂犬病ワクチンは不活化ワクチン、混合ワクチンは生ワクチンという違いがあり、不活化ワクチンは副反応が出辛く、生ワクチンの方が副反応が出やすいとされています。
なので、特に混合ワクチンを打った後は注意して観察して下さい。

ここまでの話だとワクチンを打つことに抵抗を覚えてしまうかもしれませんが、混合ワクチンの副反応は99%以上の子は出ないと言われています(ワクチンの種類によって差はあります)。なので、ほとんどの子はワクチンを打つことで副反応が出てしまうデメリットより、病気の予防というメリットが上回ります。
今回は、その副反応が出てしまう1%以下の子達に知ってほしいと思い書いてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワクチン接種しても副反応が出ることなく、無事院内で過ごすかつおとこんぶです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

花より団子

 

皆さんこんにちは。

やっと暖かくなり桜がどこもキレイな季節に❤

今年も花より団子🍡看護師の東です☆

お花見に行きましたがベル達🐩の写真を撮るのに必死で

桜の写真を撮るのを忘れてました(-_-;)

 

 

4月に入り暖かくなってきたので来月からフィラリアの予防が始まりますね!

今は皆さんフィラリアの検査をしていただくと同時にこの時期

封筒が届き、狂犬病の予防もされる方が多いと思います。

 

今日は少し狂犬病について書かせてもらいます☆

日本では約60年間狂犬病がない状態が続いています。

生後90日を超えた犬には登録と狂犬病予防注射が義務づけられていて

飼い始めてから30日以内に住所地の市区町村か保健所に届けなければなりません。

登録済みの証として、鑑札と予防注射済票を飼い犬に装着することも義務になっています。

 

簡単にまとめると☆

①市区町村か保健所に登録

②狂犬病予防注射を受ける

③鑑札と予防注射済票を装着

です☺

 

日本にはない病気なんでしょ?

と思う方もいるかもしれません。

しかし、まわりの国には狂犬病があります。

狂犬病が入らないように検疫という不断の警戒が必要とされています。

そして万一侵入しても広がらないようにワクチン接種です。

 

うちの犬だけは大丈夫。

という過言は禁物です(>_<)

甘咬みや舐めることでも感染の可能性はあります。

なので毎年狂犬病の予防はとても大事ですね☺☆

 

そして動物病院が混み合う時期なのもあります💦

なんと!今年からリバティでは予防専用特別枠の予約ができました👏

 

 

とてもスムーズに春健診や予防接種ができます(^^♪

ご予約の際はお電話でお願い致します❤

 

 

最後に淡路のじま動物園でヤギさんとベル🐩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☺