リバティブログ

松山獣医師 退職のご挨拶

日中はまだ暑い日が多いですが、夜は冷え込むので皆様わんちゃん共々体調にはお気を付けください。

獣医師の松山です。

担当させていた飼い主様には10月よりお伝えしていたのですが、この度11月24日を持ちまして退職することになりました。

初診の頃よりずっと指名してくださった飼い主様も多くいらっしゃいましたので、途中で見れなくなってしまう事大変申し訳なく思います。

とてもペットを家族同然として熱心に治療、ケアしてくれる飼い主様が多く素晴らしい患者様に恵まれた2年半でした。

 

私事で恐縮ですが、来月の下旬に広島で動物病院を開院いたします。

病院の名前は エディーひろしま動物病院 です。

獣医師になった時から、病院を開くときはこの名前にしようと決めていました。

名前の由来のエディーは以前飼っていたゴールデンレトリバーの男の子の名前です。

 

私がまだ獣医学生にもなる前の事ですが、私が散歩中に首輪が外れて車道に飛び出たエディーが車にひかれてしまいました。何メートルも吹き飛ばされる大きな事故でした。

腰椎がずれて背骨の神経がひねりつぶされるような重傷でしたが、たまたまその事故現場に獣医師の先生が通りかかり病院に連れて行って治療をしてくださいました。

そして広島の色々な先生が協力して何とか命をつなぐことはできましたが、下半身麻痺の寝たきりになりました。

その事故にあうまで私の中でエディーはペットという感覚でした。事故や看護を通して犬が私達と変わりのない感情を持った生き物ということを実感しました。

 

昔に比べ動物に対する情報がネットではあふれています。中には正しいものもありますが誤った(偏った)ものも多く見受けられます。

飼い主様が正しい、よりよい情報、知識を発信し病気の治療だけなく飼い方の意識改革をすることも獣医の努めと思っております。

私も事故にあうまでは知らなった人間ですので、知らないことが悪いことではなく、知ってもらえるよう努力する、そんな病院を作ってまいりたいと思っています。

 

多くの飼い主様に来ていただき、また大切なご家族を診させていただき誠にありがとうございました。皆様のご家族がご健康であることを心よりお祈りしております。

 

獣医師 松山 和芳