リバティブログ

はじめまして

こんにちは。ブログは初めて担当させていただきます、トリマーの李と申します。

リバティに勤務させて頂いてもう半年になるので、何度かわんちゃんのトリミングを担当させてもらった方もおられるかもしれません。

結婚・出産・育児でしばらくの間トリマーのお仕事からは離れていました。他のお仕事をしている間にも「トリミングしたいなぁ…(>_<)」とずっとモヤモヤしていたのですが、ブランクがある事が不安でなかなか一歩を踏み出せずにいました。そんな時、8年ほど住んでいた香川県から神戸に引っ越してきて、心機一転頑張ろう!!と思い、勇気を出して面接を受けさせて頂きました。その日のうちに採用が決まり、これからまたトリマーとして働けることが嬉しすぎて、帰り道の私はどこかに飛んで行ってしまいそうな程でした(笑)

まだまだ技術不足、経験不足ではありますが、トリマーとしてわんちゃんからも飼い主様からも信頼して頂けるように成長していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします(^O^)/

ちなみに苗字が李ということで、たまに初対面の方から「日本語がすごく上手ですね!」とお褒めいただくのですが、残念ながら日本語でしかお話出来ません(;^ω^)根っからの日本人です(笑)

 

私の自己紹介はこれぐらいにしておき、まだまだブログは続きます。とっても長くなると思いますが、お付き合いくださると嬉しいです♪

 

このブログをご覧の方は先日のあるテレビを見られましたでしょうか??

報道ランナー!!!!!です。

 

なんとリバティの院長、河野先生がペットとコロナについてのリモート取材を受けられて出演されました٩( *˙0˙*)۶

 

その日は今話題の菅さんが、出馬表明された日で急遽生中継が入った為「あぁ残念なことに河野先生カットされたかもー」と思っていたのですが、無事に放送されました。

放送内容はこんな感じでした。

 

 

 

7月に新型コロナの感染者から犬を預かり、PCR検査を実施したところ国内で初めてペットの新型コロナ陽性が確認されたとのニュースがありました。

 

Q.ペットがコロナウイルスに感染したというニュースがあったんですけど?

A.感染した人と濃厚接触のあった動物への感染の可能性はゼロではないと考えられています。動物から人に感染したという報告はまだありませんので、感染する可能性は今考えられる限りでは極めて低いと思います。

 

Q.ペットとふれあう時に気をつける事は?

A.人と同じで、飛沫感染での動物の感染リスクの可能性が高いと思うので、顔を近づけたり、口と口が接触するようなふれあいは控えた方がいいかもしれません。

 

Q.お散歩の帰り、犬の足などにウイルスがついてないか心配です

A.シャンプーはやり過ぎても逆に皮膚の弱い子は荒れたりします。お湯や水で足を洗うだけで十分だと思います。

また飼い主が感染した時に備え、あらかじめ信頼できる預け先を見つけておく事が大切です。預ける時に、直接感染した方と顔をあわせないとか、入っている移動用のキャリーを受け渡しの時に消毒することが大事だと思います。

 

 

このような内容の放送でした。

ペットがコロナ感染しても重症化したという報告はこれまでにないということです。

 

ワクチンで防げる病気やノミ・ダニの院内感染を防止するために、7月からトリミングを利用される全ての方に新しい同意書にサイン頂いております。

毎年のワクチン接種、毎月のノミ・ダニ予防の徹底をお願いします。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます😊

ではまたー(*´∇`)ノシ